世間と上手に渡り合っていくために、知っておくべきこと

世間という言葉を聞いたことがないでしょうか?

世間様をお騒がせしまして

世間体がよくない

さまざまな場面で使われている用例ですよね

あなたも案外身近で、聞いたことがあるのではないでしょうか?

ご近所様には迷惑をかけるな

人から後ろ指を指される生き方を選ぶんじゃないよ

こうしたことを世間を意識するといいます

わかりやすくいうと、人の目を気にするということです

日本人として生きていく上で、そうした世間は切り離すことが出来ません

ならできる限り上手に向かい合った方が良いもの

そのために知っておくべきことは、なんでしょうか?

どんな強い人、厚かましい人でも世間には敵わない

例えば学校で生徒のみならず、教師からも恐れられている不良がいるとします

その不良が気の弱い男子生徒を狙いカツアゲしようとします

その場合彼はどこですると思いますか?

答えは簡単です

人のいない所に呼び出すのです

なぜ誰もが恐れているのに、そのようなことをするのでしょうか?

それはその不良が世間の目を恐れているからに他なりません

もし教室や人の多い所で、悪いことをしてしまうと、どうなるのでしょうか

多分世間が怖くなり、学校にこれなくなるでしょう

厚かましい人でも無理

しかし世の中の、人の目なんて全然気にならないという方もいらっしゃいます

他人がどう思おうが知ったこっちゃない

人から眉をひそめられても、自分のやり方で生きる

しかしこうしたことも無理です

代表的な人物は前東京都知事の舛添要一さんではないでしょうか

出典:wikiprdia

舛添さんは都知事在任中に、ファーストクラスやスイートルームを使用して、周囲の反感を招き批判を浴びました

しかし懲りずに必要だった主張し続け、最終的に政治資金の不正支出の疑いもあり、辞任しました

ご本人は最後まで東京都知事でいたかったようですが、いわば世間から辞めさせられたようなものです

ですので、どんなに強い人や厚かましいひとでも世間には敵わないのです

ではそのような世間と無難に渡りあうためにはなにが必要でしょうか?

周りの人たちと波風を立てない

周りの人たちと、協調しあまり波風を立てないことも大切です

社会や世間というのは、いわば人の集まりの場でもあります

そうした環境の中では、皆ある程度我慢して生きていかねばなりません

自分だけがよいという考えではトラブルにつながってしまいます

近所や地域のルールーはしっかり守る、人を不快にさせない、ある程度周りの目を気にするという姿勢が重要です

悪目立ちや浮き上がってしまうと、あまり良い結果にはつながらないでしょう

大切なことは、人と揉めそうになったら一歩下がるという心構えです

相手の意見を尊重

人の集まりでもあまり自己主張を強すぎないようにしましょう

そうした場では、しっかりと相手の意見も尊重することが重要になってきます

こうしたいと思うことがあっても、ある程度我慢したり、抑えていくことも必要

また例え自分の意見が取り上げられても、後であなたの考えもすごいよかったですよなどという気遣いも欠かせません

そうすれば相手も貴方を不快に思わないでしょう

傲慢にならずに、しっかりと謙虚な姿勢でいることです

礼儀正しく、社会の常識を守る

まず第一に必要なことは社会の常識をしっかり守り、知っておくということです

冠婚葬祭や名刺交換など社会にはルールが存在します

日本人として生きていく上で、こうした常識は無数にあります

知らないとあいつは常識知らずだと後ろ指をさされてしまいます

大人になると直接注意してくれる人も少ないです

そうならないためにも普段から気を付け、知らなければ自分で調べたり、人からアドバイスをもらいましょう

目上の人には敬意を払おう

日本では特に目上の人には敬意を払うという土壌が存在します

学校での先輩と後輩の関係がそれにあたるでしょう

社会に出ても同じで、しっかりと年上の人たちを尊重しましょう

そうしたことをするだけで、あなたを引き立ててくれる方もいます

また電車やバスの席ではお年寄りに席を譲るなど、日常的に年上の人を大切にするという意識も大切です

友達や知り合いを多く作る

日本では意見や考えなども多くが同調すれば正しいという風潮もあります

そうした同調や世間意識の強い日本では、知り合いや友人というのは大切になってきます

一匹オオカミでいるより、なるべく知己が多ければなにかと有利でしょう

転校や転勤などで、向こうには知り合いがいるという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

知り合いがいれば、慣れない状況の中でもスムーズに入っていけます

さらにその方が別のお知り合いを紹介してくれるかもしれないし、そうした環境にいると別の人が寄ってきてくれる可能性も高いです

知り合いを多く作る方法

普段から人に親切にすることが一番大事です

なにもしてこないと、いざ自身困った時に誰も助けてくれません

そのためにも旅行に行ったら周りの人に土産物を配る、親戚に年賀状を書くなど当たり前のことをしましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする