日本社会で個性の強い人が、賢く生きていく方法

日本社会で個性とは?

個性の強い方っておられますよね?

でもなにかと日本では、そういう人に対しての風当たりは強いです

あの人は変わっている、マイペースすぎるなどあまり良い評価は聞きません

ですが生まれ持っている性格という部分もありますから、なかなか変えられない部分もあるかと思います

そういう方が日本社会でうまく適応していくのはどうすればよいのでしょうか?

日本で知っておきたい独特のルールとマナー

自己主張をある程度控える

やっぱり個性というのは、人と違う意見を持つことでもありますよね

日本人のほとんどが個性がないと言われていますが、それは人と意見を合わせているからです

多くの人はなにかあってもあまり意見を言わず、大勢の流れに従おうとします

それはもちろん良い部分もあり、人と衝突しない、目立たないということでもあります

人と違う主張をすると、あまり良く思わない人もいたりして人間関係がぎくしゃくするかもしれません

そのため個性がある方も、自己主張をある程度控えるという気遣いが必要でしょう

小さなグループや団体に所属することがお勧め

個性が強い人はあまり大規模な団体や集団に属することはお勧めできません

なぜならば人が多くなればなるほど、ニュートラルにならなければいけないからです

個性のある方にとってテレビというのはなんであんなに画一的で、つまらないのだろうと思う方も多いでしょう

大勢の視聴者が見るテレビは、少し尖った放送をするだけで多くの苦情が寄せられてしまします

そのためできる限り平易なことしかできないのです

それと同じで個性の強い人が大きな組織や団体に所属すると、周りと違った人という扱いを受け疎んじられたり、追い出される可能性があります

ですが小さなグループはどうでしょうか!?

人が少ないと不満もそれほど出ませんし、むしろその集団にとってなくてはならない人という評価を受けるかもしれません

いずれにせよ、個性がある人にとっては小さなグループや団体に所属することがお勧め

だといえるでしょう

専門職に向いている

日本の教育は個性を育てないといわれています

なぜならば多くの人が職業として選択するサラリーマンや公務員は人と同じことが求められるからです

人と同じ時間帯に通勤し、上司の命令にはきちんと従う、そしてなによりも個を抑えた協調性や集団性が求められます

そのため人と違う人は基本的にいらないといえるでしょう

就職の面接などでも、複数人の面接官が対応して、多くの人から好かれる人が合格しやすいです

実際サラリーマンの世界では仕事が出来なくても、周りから人好きがする、上司から気に入られているというだけで上に行けるケースがあります

個性が強い人にとってこれは難しい問題ですよね!?

そんな人に向いている職業は専門職だと思います

なんでもオールマイティにこなせる人と違い、個性がある人は物事を突き詰めていくことが得意だといえるでしょう

そのためなによりも専門的な知識が要求される職業が向いているのではないでしょうか

あまり変わったことはしない

世の中では個性をもて、人と違うことを恐れるなという意見も聞かれます

ただ個性のある人は、これを鵜呑みにしない方が良いです

なんでも画一的にしがちないわゆる普通の人に向けられた言葉です

いつも周りと同じにして、決して変わったことをしないような人ならば多少耳を傾けたほうがよいかもしれません

ただもとから個性的と思われている人がそのようなことをすると、悪目立ちや逆に世の中から浮いてしまう可能性が高いです

私たちは他人からみておかしくない範囲内で生活する必要があります

世の中無個性な人が多いわけですから、そうした意味でも個性のある人は、少し抑える程度でちょうどよいのではないでしょうか

世間のルールや人の目を気にする

日本の多くの人は変わったことを嫌います

そして皆人と同じになろうと努力しています

以前近所で野球のキャッチボールをしている親子がいましたが、お父さんが子供に変な投げ方をするなと怒っていたのが印象的でした

これは日本において賢い生き方でもあります

世間から浮いてしまう、いわゆる外しにあうと居場所を失ってしまいます

特に日本人はルールやマナーに敏感な人が多いです

そうしたル-ル破りをする人がいると世間の反感を買ってしまい、最悪の場合コミュニティから追放されてしまいます

いわゆる個性的な人は、そうしたことに無頓着なケースが多いです

本人にとって決して悪気がないことでも、周りから見ておかしければそれはまずいといえるでしょう

世の中から評価されようとは思わない

個性的な人は理解してくれる人が大変少ないといえるでしょう

ですから人によって、もっと世の中から認めて欲しいと願う方もいるかもしれません

ですが先ほどテレビ放送がなぜ画一的なのかと書いた通り、世の中は誰しもが理解できなければ評価してくれようとはしません

無理に自己アピールしようとすれば奇人、変人として面白がられたり、嫌がらせを受けたりする可能性もあります

そのため大勢の人から評価されようと思うことは諦めましょう

大切なことはあなたを評価してくれる人を見つけ、その人との関係を大事にしておくことです

実りある人生を過ごそう

いかかがでしょうか?日本では個性というものがなかなか受け入れられないため、悩んでい

る方も多いかも知れません。もしそのようなことを気にしているなら、ぜひ以上のことを参

考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする